DIC健康保険組合

DIC健康保険組合

文字サイズ
  • S
  • M
  • L

はり・きゅう、マッサージにかかったとき

はり・きゅう、マッサージいずれにおいても医師の同意を得て行われた施術のみ健康保険を使うことができます。

現在は、診療時に保険証を提示することにより、窓口負担は保険診療の一部負担金のみとなるので、提出していただく書類はありません。しかし、はり・きゅう、マッサージの施術では委任状となる「療養費支給申請書」に患者の署名が必要となります。署名を求められた際は申請書に記載された傷病名や施術内容等が正しいかどうか必ず確認してください。

はり・きゅう、マッサージを健康保険でかかるときは医師の同意が必要です

はり・きゅう、マッサージを健康保険で受けるには、慢性病で医療機関で治療を行っても効果が認められなかったり、あんま・鍼灸の施術による効果が期待できる場合、医師の同意があれば、健康保険で受けられます。

ただし、原則として当該疾病に対し、以前から継続的な治療をしている主治医のみが同意書を発行できます。(やむを得ない事由を当健保組合が認めた場合は、この限りではありません。)

参考リンク

鍼灸が受けられる病気

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 頸椀症候群
  • 五十肩
  • 腰痛症
  • 頸椎捻挫後遺症(むちうち症)

ページ先頭へ戻る