DIC健康保険組合

DIC健康保険組合

文字サイズ
  • S
  • M
  • L

健康診断

概要

疾病予防対策の一環として、事業主と連携して被保険者の皆さまに健康診断を行っており、労働安全衛生法に基づく定期健康診断を事業主(事業主健診)、法定外の生活習慣病健診を健保組合(健保健診)、とする2階建てによる健診運営をしています。

定期健康診断(事業主主催)

被保険者を対象に実施します。
身体計測・血圧測定・尿検査・血液検査・胸部レントゲン直接撮影
法定の定期健診を事業主にて実施します。

生活習慣病健診(健保組合主催)

35歳以上の被保険者を対象に定期健康診断と同時に実施します。
脂質代謝、肝機能、腎機能、糖尿、貧血に関する各種血液検査・便潜血等がん検診など
付加の生活習慣病健診を実施します。

節目検診(健保組合主催)

25歳・35歳の節目の方を対象に定期健康診断と同時に脂質・腎機能・糖代謝・肝機能の血液検査と尿検査を実施します。

消化器検診・腹部超音波検診(健保組合主催)

<消化器検診>
35歳以上の被保険者を対象に実施します。
胃・食道のレントゲン直接撮影

<腹部超音波検診>
消化器検診を受診する35歳以上の被保険者を対象に併せて腹部超音波検診を実施します。
肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓の各臓器の超音波による診断

乳房超音波検査(健保組合主催)

35歳以上の被保険者の女性(希望者)を対象に実施します。

  • ※別途、会社健診時の乳房超音波以外に婦人科検診として、被保険者・任意継続被保険者に対し年1回(4月1日~翌年3月31日)7,000円を限度に補助を行います。
参考リンク

ページ先頭へ戻る